ちょっと待った! 営業職(セールス)をやめたいあなたへ。

      2017/11/29

みんなそう思うんです!(笑)

私もそうでした。みんな同じですよね。(笑)

多くの人が「ハァ~、この仕事やめたい」と考えます。(私なんか何度も何度もそう考えていましたから)。

個人宅への訪問販売(法人飛び込み営業)、アパレル販売、化粧品販売、家電販売、保険外交員。

それぞれ特徴は違いますが、どれも気苦労が絶えません。

そして、同時に上司からの実績追及もあります。

毎日があなたの思い通りにならないことだらけです。

気がつけば、いつしかストレスまみれで思い悩むようになってしまいます。

今回は、そんな営業・セールス職をやめてしまいたくなった方へ向けて、私からお伝えしたい内容を記していこうと思います。

 

スポンサーリンク


 

お客様の反応を無視できるか?

営業・セールスにおいて最大のストレスは「上司の実績追及」と「商談中の気苦労」ではないでしょうか? (私はそうでした)。

「あなた味方じゃなかったの!?」と、叫びたくなるほどの上司の厳しい実績追及。

それはモチベーションを下げられてしまうほど厳しく、最大のストレスになります。

そんなストレスを抱えながら現場に向かうと、今度はお客様です。

商談中にお客様のご機嫌を伺いつつ、こちらの提案を受け入れてもらわなければならない時間……。

これが本当に疲れますよね。

上司に叱られたくないので、絶対に成約を獲らなければいけません。

だからお客様のご機嫌を伺いつつコミュニケーションをとり続けなければならないのですね。

するといつしか「疲れる……。もういやだ、こんな仕事……」と考えるようになっていきます。

そう考えてしまうのは自然な感情の動きでしょう。

しかし、せっかく入社されたわけです。

簡単にやめてしまうわけにはいかないはずです。

そこがまたあなたを悩ませる種でもあると思います。

ただ、ご安心ください。

実は、そんなストレスを簡単に消せてしまう魔法があるのです。

もう上司にも、お客様にも気を遣わなくてもよくなる魔法があるのです。

詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク


 

「関係ないっ!」と頭の中で叫ぼう!

その魔法とは、頭の中で音量を大きめに「関係ない!」と叫ぶことです。

とにかくいつも「関係ない! 関係ない!」と頭の中で強く連呼されてみてください。

お客様との商談中も会話をこなしながら、しかし頭の片すみでは「関係ない! 関係ない!」と叫ぶのです。

この魔法を自分自身にうまくかけられるようになると、上司やお客様の反応に対して一切気を遣わずにコミュニケーションがとれるようになります。

まさに上司とお客様の反応をいい意味で無視できるようになります。

 

スポンサーリンク


 

お客様はあなたに関心はありません

営業・セールスで気苦労される方の特徴は「お客様のご機嫌を伺わなければならない」という気持ちを持たれている点です。

そして「もう、とにかく買ってほしい!」と、お客様が自分の思い通りに動いてほしいと考えておられます。

これらがあるので、お客様に冷たくされたり、成約できなかったときに「期待を裏切られた」と感じるようになるのです。

そして、心が傷つき、力を失っていくのです。

しかし、実は「お客様のご機嫌を伺わなければならない」という考え方があなたを苦しめている原因になっているのですね。

これは私の経験上、断言できます。

なぜなら、まずお客様は私たち営業担当者に関心を持たれておりません。

商品(サービス)には若干の関心を持たれておられます。

したがいまして、お客様は私たちに「ていねいに対応してくれたらそれでいい」と考えられています。

ご機嫌を伺ってもらわなくてもいいのです。

「あなただから買いたい!」と言われることを毎回毎回求めてはいけません。

お客様にしてみれば、営業担当者はぶっちゃけ失礼な人や感じの悪い人でなければ誰でもいいのですね。

ということは、私たちはお客様とのコミュニケーションで「ご機嫌を伺う」必要などないのです。

しかし、その考えにすぐに実践できないので、頭の中で「関係ない! 関係ない!」と連呼するようにするのです。

すると、あなたから「ご機嫌を伺うための、好かれたい感じ」が消せてしまえます。

いい意味で人間関係を求めないあなたになれます。

お客様からすると、さっぱりとした感情的に絡んでこない営業担当者が目の前にいることになります。

それが、お客様にとっては好感を持てる要素だったりします。

または自信を感じさせる要素だったりするのです。

 

スポンサーリンク


 

お客様から好かれる必要はない!

ただし、嫌われてもいけません。

私たちの仕事は気苦労さえしなければ、楽に仕事ができます。

あとは体力がつきるまでアプローチし続けるだけです。

上司の厳しい実績追及も、その場では「やります!」と口にしますが、こっそり頭の中は「関係ない! 関係ない!」と連呼してしまえばいいのです。

それができれば不安に支配されるようなことは避けられます。

今までは「気苦労だらけ……。結果を思い通りにコントロールできないことだらけ……」と、ストレスまみれな時間でした。

しかし、今後は「純粋に実績を追いかけるだけの作業」へと価値観が変えられると思います。

ただ営業をするだけです。

こうなれると、本当に楽な毎日になります。

したがいまして、営業・セールスをやめたいと考えておられる方は、1度だけ騙されたと思って「関係ない! 関係ない!」を頭の中で連呼されながら上司やお客様とコミュニケーションをとってみてください。

もし、そのときあなたの中にスッキリ感を体験されることができたら、おそらくこのように考えることができると思います。

「あ……。別にやめなくてもいいな。転職は大げさだな……」と。

 

スポンサーリンク


 

売る力を高めることに集中しよう!

「関係ない! 関係ない!」がしっくりと自分になじんでこられると、楽に仕事ができるようになります。

精神的に余裕ができれば、今よりもっと「売る力」を高めることを追求していけばいいだけだと気がつけるでしょう。(アスリートと同じ生活ですね)。

したがいまして、ぜひ、リラックスされながら「売る力」だけを高めようと意識をもたれてがんばっていただけたらと思います。

そして「関係ない! 関係ない!」のパワーを体験していただけたら嬉しいです。

※ 営業・セールスには「人は嫌いな人からめったに買わない」という法則があります。

「関係ない! 関係ない!」と頭の中で連呼されていると、それにつられてお客様に冷たく対応してしまことがあります。

そこだけ気をつけていただけたらと思います。(私は調子が悪くなるといつも「関係ない! 関係ない!」と頭の中で強く叫んでいました。しかし、思いきり感情までつられてしまい、お客様に冷たく対応してしまっていたことがあります。それで契約を獲りこぼしてしまったこともありますので)。

本気で営業・セールスをやめたいと考えておられた方は、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク


 

他人はコントロールできない。コントロールできるのは自分自身だけ。

余談ですが、営業・セールスでお客様の感情を気にすることは無意味です。

なぜなら、あなたがそれを100%思い通りにできないからです。(当たり前ですよね)。

他人がどう反応するのかなんて、私たちにはわかりません。

したがいまして、あなたはあなたの言いたいことを言うだけで良いのです。

言わなくていいことは言わないだけで良いのです。

お客様の感情なんてコントロールできませんので、自分自身だけをコントロールするように意識されると仕事が楽にできます。

だから、そこで悩み苦しんでいる時間は、人生めちゃくちゃ損をしてしまいます。

100%コントロールできるのは自分自身だけです。

今後は自分自身だけをコントロールしていきましょう!

あなたのご活躍を陰ながらではございますが、心より応援しております。

この記事があなたの刺激になれれば嬉しいです。

以上、「ちょっと待った! 営業職(セールス)をやめたいあなたへ」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - メンタル力