売れるメイク! 女性営業のたった2つのメイクテクニック(2)

売れる女性営業のメイクテクニック2: 色をコントロールする

売れる女性営業のメイクテクニックの2つ目は、使う色をコントロールすることです。

特に、メイクをされるときに「ピンク」を使用するようにします。

なぜなら、ピンクには安心感を誘発させることができるからです。

ピンクには昔から、

・幸せ

・癒し

・愛や恋愛

このような「幸福感」「円満なコミュニケーション」をイメージさせる力があります。

同時に女性らしさも演出できます。

(「満開の桜」や「ウェディングブーケの淡いピンクのバラ」など、人を優しい気持ちに、幸せな気持ちにさせてくれる力がありますよね)。

よって、お顔にピンクをのせていきます。

そして、ここが大切になるのですが、「お客様にピンクを見続けてもらうこと」が一番の目的になります。

なぜなら、メイクにピンクが使われていれば、お客様はピンクを見続けながらコミュニケーションをとることになるからです。

お客様の感情がリラックスする可能性が高まります。

本当にそんなに簡単に感情が変わるの? と思われるかもしれませんね。

しかし、次のことを想像されてみてください。

真っ黒な洋服を着ている女の子の赤ちゃんと、淡いかわいらしいピンクの洋服を着ている女の子の赤ちゃん……どちらがより心がゆるみますでしょうか?

この場合、真っ黒な服を着ている女の子の赤ちゃんに対してはものすごぐ違和感を感じるのではないでしょうか?

同じかわいい女の子の赤ちゃんです。

このように、色を見る側の無意識はしっかりと反応するのです。

「え~。でも私はピンクは好きじゃない」というような個人的な好みはもちろんあるとは思います。

しかし、それは涙を飲んで封印しなければなりません。

あくまでピンクを使う目的は「お客様にピンクを見せる」ためです。

ピンクのパワーを借りてお客様の警戒心をやわらげ、売るためです。

※ 例えば、下のNHKアナウンサー有働さん。↓

有働さんは、「欲しい結果」のためにメイクをコントロールされていることでしょう。

朝、日本中の男女に顔を見られるのです。

まさに戦略的メイクです。

あなたへの広告


顔は変えられない。でも、メイクは自在に変えることができる

私たちは、顔を変えることはできません。

しかし、メイクは自由自在に変えることができます!

ぜひ、実績のために、あなたの客層に合ったメイクをして、多くのお客様との商談を成約へと導いていっていただけたらと思います。

陰ながらではございますが、あなたのご活躍を心より応援しております。

以上、「売れるメイク! 女性営業のたった2つのメイクテクニック。(2)」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

※いつでも読み返していただけるようにブックマークをよろしくお願いいたします。

あなたへの広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする