ヘアスタイルを武器にする。| 営業マンの第一印象

      2017/12/15

見た目をコントロールしよう

「実績の無い人は、社内外でなめられます!」。

 

個人宅への訪問販売(飛び込み営業)やアパレル販売、化粧品販売、家電販売などで結果を出すために必要なスキルに「見た目をコントロールするスキル」があります。

このスキルはお客様が私たちに対し「この人だったらコミュニケーションをとってもいいかな(話を聞いてやってもいいかな)」と感じさせるために必要になります。

お客様にそう感じていただくことに成功してはじめて営業トークを聞いてもらえるようになります。

実績を出していくためにはなければならないスキルです。

しかし、営業・セールス職に就いたばかりの新人さんの中にはご自分の見た目をコントロールしようと意識されている方はとても少ないようです。

(私が営業マネージャーだったときですが、新人さんのほとんどが自分の好きなヘアスタイル、自分の好きな服装をされていました)。

そんな方々に限って、一生懸命セールストークに磨きをかけようと意識をされます。

しかし、実際はセールストークの内容の前にやらなければならないことがあるのですね。

それは「お客様に選ばれるスキル」を3ヶ月以内にサッと磨いてしまわれることです。

(なぜなら、お客様に選ばれるようになれないといつまでたってもセールストークを聞いてもらえません。そして、セールストークの内容を理解しようとしてくださいません)。

お客様に選ばれるスキルが高まれば、勝手に商談件数が増えていきます。

するとセールストークの本当の改善点も見つけられます。

そうやってセールスの精度を高めていきます。

しかし、お客様に選ばれない方は商談件数が増えていきません。

よって、セールストークの本当の改善点もわからないままです。

不成約の原因が「あんたが嫌だから」であることに気がつけないからです。

※ 当然ですよね。誰も「自分が嫌われていたのか?」と考えようとはされませんから。

それゆえにセールストークの改善に一生懸命になるのですね。

しかし、成約できない本当の原因は「あんたが何となく嫌だから」なのです。

 

このような理由から営業・セールスにつかれた新人さんは、まずは見た目をコントロールするスキルをマスターされることを意識されてみてください。

ここでつまづいていると本当にいつまでたっても実績が伸びていきません。

実績を伸ばせないとあなたの同僚に差をつけれてしまうことになります。

 

スポンサーリンク


 

ヘアスタイルは道具

それでは、あなたがお客様に選ばれるようになるにはどうしたらいいのでしょうか? 

まずはヘアスタイルをコントロールしていきます。

できればヘアスタイルはどの年代のお客様にも受けが良いものにしておきたいです。

これは基本になります。

なぜなら、一番お金を持っている50代60代70代の年齢層に好かれるためです。

「営業・セールスは人柄で勝負!」または「見た目は関係ない!」と考える方もおられますが、それはトップ営業だけの話です。

実績が出せていないのならば、見た目を変えていかなければなりません。

(ちなみに実際のトップ営業の方々は、皆さん見た目に気を遣っておられます。あと、たまにご本人は苦労知らずで結果を出されている方もおられます。そんな方のアドバイスはいきなりレベルが高すぎて意外と的外れの内容もありますので、慎重にならなければなりません)。

ヘアスタイルはどの年代のお客様にも受けが良いものにしておかれることが大切です。

ヘアスタイルは結果を出すための営業道具のひとつと考えてしまわれるとすんなり受け入れることができるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク


 

「チッ! いい加減警戒されてることに気がつけよ!」

これは私が直接耳にしたトップ営業の言葉でした。

この言葉はトップ営業のアドバイスになぜか従おうとしなかった後輩が浴びせられていました。

(後輩はトップ営業より年上でしたから)。

この頑固な後輩はヘアスタイルが「坊主」でした。

年齢は40歳前。

顔はイケメンでもない。

そして身長が高い。

以前からトップ営業(年下)が「髪を伸ばすように」と指示していました。

しかし、それを守らなかったのです。

私も「なんでこの人は髪を伸ばさないんだろう?」といつも不思議に思っていました。

確実に見た目が恐いのです。

迫力を感じさせる方でしたので、女性客は引いてしまっていたようでした。

大切なことですので繰り返しますが、ヘアスタイルは営業道具です。

この道具の使い方を間違ってしまわれるとお客様に悪い印象を与えてしまいます。

・爽やかそうな人

・暗そうな人

・堅そうな人

・クセがありそうな人

・優しそうな人

これらは、お客様が勝手にそう感じてしまわれるのです。

そして勝手に人柄まで推測されます。

(お客様としてはヘアスタイルを含めた「見た目」からしかその人を予測する情報がないからです)。

したがいまして、私たちはヘアスタイルをコントロールしておくことでお客様に好印象を感じてもらえるように準備しなければならないのですね。

日常会話でよくある風景として、髪を切った人に対して「おっ♪ スッキリしたね」という場面があると思います。

これは髪を切ったことで(コントロールしたことで)他人に好印象を与えることができた瞬間です。

このように好印象を感じてもらえるお客様を増やしていかなければ結果は出せないでしょう。

 

スポンサーリンク


 

狙うのは「安心感」

私たちはお客様に感じてもらいたい感情があります。

それは「安心感」です。

なぜなら、お客様は私たちに安心感がわかなければ契約書にサインしたり、財布からお金を取り出すことができないからです。

したがいまして、お客様に安心感がわく可能性の高いヘアスタイルにすることが大切です。

営業マンのヘアスタイルとして、安心感がわきにくいものもあります。

それは、

・時代遅れな髪型の人

ボサボサの髪の女性営業職

・髪がパサついている女性営業職

・暑苦しい長髪の男性営業職

・ツンツンヘアの男性営業職(学生っぽい印象を抱かせる人)

・結局、清潔感が感じられない男女の営業職

これらのヘアスタイルをしてしまわれないように、本当に真剣に意識されておく必要があります。

※安心感がわくヘアスタイル↓↓

⇒⇒ 女性版 参考ヘアスタイル


⇒⇒ 男性版 参考ヘアスタイル

(ひげは絶対にNGです)。

ヘアスタイルをコントロールすることをなまけてしまわれたせいで、あなたの素晴らしい人柄とセールストークがお客様に伝わっていないならば、それはあまりにももったいないことです。

ぜひ見た目をコントロールされて、どんどん結果を出していってくださることを心より応援しております。

以上、「ヘアスタイルを武器にする。| 営業マンの第一印象」でした。

一二 三四朗(ヒフ ミシロウ)でした。

ありがとうございました。

※いつでも読み返していただけるようにブックマークをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

追記

私から最後にメッセージになります。

 

もしあなたが真剣にもっと売るスキルを高めたいとお考えでしたら、次の問題に挑戦されてみてください。

ちょっとしたクイズですね。

この図形の中に三角形がいくつあるか数えてみてくださいね。

制限時間は100秒とします。

※これは営業・セールスマンの売るスキルを高めるためには大切な問題になります。

 

いかがでしたでしょうか?

あなたはいくつ見つけることができましたでしょうか?

この問題の答えは24です。

あなたは24の三角形が見えましたでしょうか?

※詳しい答えを知りたい方はこちら

 

実は、この問題はある重要な内容を実感としてお伝えしたかったので出させていただきました。

その重要な内容とは、売るスキルが高くて実績をしっかりと出されている方々と売るスキルがあまり高くなくて実績が低い方々とでは、同じお客様を相手にしても見えている世界が違うということです。

それはまるで同じ図形を見ていても24の三角形が見える人と見えない人の見えている世界が違うようにです。

売るスキルが高い営業マンは売るためのポイントがたくさん見えています。

しかし、売るスキルがあまりない営業マンは売るためのポイントがまだ見えていないのですね。

上記のように同じ図形を見ていても、三角形が24見えている人と例えば7、8見えている人とでは見え方が違うわけです。

しかも、三角形を7,8見つけた人は、自力で24まで見つけることができません。

図形に穴が空くほどに時間をかけて見つめたとしても99%「もうこれ以上はないな……。8つが答えだ」となります。

しかし答えを教えてもらって驚くことになります。

「あっ! ここにもあった♪ ここにも。うそ、ここにも!(笑)」と、どんどん新しい三角形が見えるようになります。

何をお伝えしたいのかといいますと、売るスキルを高めるときも同じようなことが起きているということです。

私たちは売るスキルを真剣に高めようとしたとき、実績を出している人の見えている世界を教えてもらうことがとても大切になります。

もし教えてもらえないなら、自分から学ぶことがとても大切になります。

なぜなら、自力で売るスキルを高めようとすることは、まるで自力で三角形を探そうとすることに似ているからです。

そんなことはされずに、売るポイントがたくさん見えている人にその見え方を教えてもらい、それを真似していけば良いのですね。

とてもシンプルです。

それだけで売るスキルを素早く高めることができるようになります。

※1度でも24の三角形が見えれば、今後ずっと見え続けることになります。見つけ方もうまくなっています。しかし24も見えていない人は今後似たような問題にぶつかっても見つけ方がわからないので苦戦されてしまいます。

したがいまして、あなたが真剣に売るスキルを高めようとお考えのようでしたら、下にご紹介させていただくような売るスキルの高い人たちの見ている世界を学ばれることをご提案します。

 

 

⇒⇒ クロージングの心理技術21

・こちらはトップセールスたちの「売る技術(テクニック)」を自分が使えるようになれる本です。

このような売る技術を学ばれることでどなたでもどんどん売れるようになっていきます。

(まずはこの知識が大切です。ぜひどんどん売れるようになって、実績を出して、年収もさらに上げていただけたらと思います)。

なぜどなたでもどんどん売れるようになるのかと言いますと、この本ではお客様の心理を動かすことができる消費者心理学を学べるからです。

消費者心理学は営業・セールスマンなら絶対に知っておかなければならない売るスキルのひとつですので、お客様をここに書かれているような視点で見ることができないなら、売ることに苦戦されるでしょう(このような勉強をしていなかった私の20代前半の頃のように。笑)。

反対に、それが見えるようになってくると売ることが本当に簡単になります。

例えば、消費者心理学を使えるようになると、どのお客様を相手にしてもあなたの商品を欲しくさせることができるようになったり、他社ではなくあなたの会社を選んでもらえるようになったり、即決してもらえるようになったりします。

たくさん売って実績を出してこられたトップセールスの方々の売る技術ですので、お客様の反応がそのようになってしまうのですね。

もしまだこのような知識を教わっていなかった方は、ぜひ楽しくスピーディーに学ばれてみてはいかがでしょうか。

たくさん売る人たちの見えている世界を見えるようになっていきましょう。

※私や購入者様の方々の感想もご用意しております。

⇒⇒ クロージングの心理技術21で何を学ぶことができるのか? 購入者レビュー(感想)

 

 

 

【その他、新しい視点が持てるおすすめのビジネス書】

 

⇒⇒ 億万長者の不況に強いセールス戦略

・営業・セールスのマインドセットについて学べます。

※私や購入者様の方々の感想は億万長者の不況に強いセールス戦略で何が学べるか? 購入者レビュー(感想)

 

 

⇒⇒ 大富豪の仕事術 

・700億円を稼ぐビジネスマンの目標設定とその達成のやり方が学べます。

皆平等にある24時間をどうやって使ったらこんなに高い実績が出せるのかを知るのは非常に役に立ちます。

※私や購入された方々の感想は大富豪の仕事術で何が学べるか? 購入者レビュー(感想)

 

 

⇒⇒ マル秘・人脈活用術

・お付き合いのあるお客様からどんどん新しいお客様を紹介してもらえるようになるノウハウが学べます。

保険外交員、家電量販店、リフォーム住宅営業など、新規客を連鎖させることで実績が伸びていく業種の方は学んでおかれたいノウハウではないでしょうか。

※私や購入された方々の感想マル秘人脈活用術で何が学べるか? 購入者レビュー(感想)

 

 

⇒⇒ 説得の心理技術

・こちらはお客様が自ら「この商品を買おう!」と説得してしまう売る技術を学べます。

どちらかというと経営者向きの本です。

すでにクロージングの心理技術21のような消費者心理学を学ばれている方へおすすめです。

 

 

⇒⇒ 脳内科学マーケティング100の心理技術

・情報の伝え方で人の反応は変わります。

例えば、お医者さんに「A:死亡する可能性もありますが、生存率95%の手術です」と言われるのと「B:受けた患者の20人に1人が死亡する手術です」と言われるのではとAなら安心感がわきますが、Bなら不安になります。

確率は同じなのですが。

このような脳内の反応の違いについて知ることができるようになります。

経営者向きの本です。

 

※上記すべての本は、正規販売店で購入されると返品保証がついてきます。

詳しくは各リンク先をご確認くださいね。

スポンサーリンク


 

 - アパレル販売、化粧品販売、家電販売, 訪問販売、飛び込み営業, 第一印象