眼球を白く| 営業マンの第一印象

      2017/10/30

眼球(白目)を白くしておく。これで、さわやかな第一印象を与えることができる

眼球(白目)を白く。これを毎日実践します。なぜなら、お客様にさわやかな第一印象を与えることができるからです。

私たち営業マンは、第一印象を良くできる、できないも、立派なセールススキルになります。

したがって、今回は眼球を白くすることについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

お客様は「白」を見ると安心感がわく

私たち人間は「白」が好きです。白が目に入ると「さわやか」「清潔」「若い」など、すがすがしい気分になります。白シャツが似合う俳優、女優、またはウェディングドレスの花嫁。私たちは、他人の「白」を目に入れると、無意識にすがすがしい気分になるのです。

ゆえに、私たち営業マンは、その「白」の効果を商談で最大限に利用します。そのためには、服に白を使うのはもちろんですが、顔の中の白=眼球(白目の部分)、歯も白くしておきます。

以前、商談中の目つきの記事でご紹介させていただいた「目に微笑みがのった状態」と、この「眼球を白く」を合わせると、私たち営業マンの第一印象は格段に良くなっていきます。

 

スポンサーリンク


 

眼球(白目)が白いと、品が良くなる

さて、下記に画像を用意しました。企業や官公庁のポスター画像です。

このようなポスターに起用されている人は、モデルや俳優です。したがいまして、とても品が良いです。

さらに、このようなポスターはフォトショップで画像処理されていますので、より美しく見えるように修正されています。中でも、皆、眼球が白く仕上げられているところに注目していただきたいです。

 

 

いかがでしょうか? とても品が良いですよね。

もし、私たちの生活の中で、このような綺麗な白目の人が何かの営業で現れたらどうでしょうか? 目が綺麗なので、少し吸いよせられてしまうのではないでしょうか?

この、お客様を一瞬でも惹きつけることができるスキルは、営業マンとして、とても大切なスキルになります。特に、飛び込み営業の方。大事なお客様との商談前。目は心の窓です。お客様に自信を持って目を見てもらうことで、私たちのセールストークを聞いてもらえるようにしていきます。

 

 

次は、具体的に「眼球を白くする方法」についてご紹介していきます。

 

⇒⇒ 眼球を白くする方法

 

スポンサーリンク


 

 - 第一印象